Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kasperskyのメンテナンスパックで不具合 - Windows Updateが完了しなくなる場合も

個人向けのKaspersky製品を販売するジャストシステムは、不具合が見つかったとして同製品アップデートの公開を中止した。

機能改善や脆弱性の解消など実施し、2月13日に無償アップデートとして公開したメンテナンスパック「Kaspersky Internet Security 7.0 MP1」「Kaspersky Anti-Virus 7.0 MP1」に不具合が判明したもの。

ジャストシステムによれば、「コンピュータやウェブブラウザの動作が遅くなる」「Office 2007の起動に時間がかかる」「Windows Updateが完了しない」といった問題が確認されたという。

同社では、不具合が生じた両プログラムの公開を中止。アクティベーションデータを保存した上で、メインテナンスパックのアンインストールし、以前のバージョンを適用するよう呼びかけている。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/

Kaspersky Lab
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2008/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割