Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロが不具合の原因公表 - 振る舞い検知機能で想定外の処理時間

トレンドマイクロのウイルス対策製品において一時不具合が発生した問題で、同社は原因などを明らかにした。

問題が発生した「ウイルスパターンファイル4.995.00」において、同社ではダウンローダ型の不正プログラムに対応する新機能として振る舞い検知機能を強化したが、ファイルのサイズや種類によって当初の想定以上の処理時間が発生してしまったという。

また、発表時は企業向けの4製品において現象が発生するとしていたが、それら製品に限らず、ウイルスパターンファイル4.995.00を使用した際に発生することも明らかにした。同社ではすでに問題を解決した「同4.997.00」を公開しており、同バージョン以降では同様の問題は発生しないとしている。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県