Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A4で128文字まで埋め込める電子透かし技術を開発 - 三菱電機

三菱電機は、従来より多くのデータを透かしとして印刷物に埋め込む電子透かしソフトウェア技術を開発した。

同技術は、印刷された文書の背景に肉眼では判読できない電子的な透かしを埋め込んで出所を明らかにすることで、紙からの情報漏洩を抑止するセキュリティソリューション。従来の技術に比べ、埋め込み可能なデータの容量が増加したという。

今回開発した技術では、A4サイズで256バイト、全角128文字の透かしデータを埋め込むことが可能。これにより、文書の詳細情報や機密レベル、配布先、機密保持期間、プリンタ情報など多くの情報が埋め込めるようになった。

また、最小16分の1に切り取られた文書やコピーされた文書からでも透かしデータの読取りが可能になったほか、アプリケーションやプリンタの機種に関係なく透かしの生成、埋め込みが可能な方式を実現した。今後は、同ソフトを組み込んだプリントサーバの製品化を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で