Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バレンタインデーは恋とウイルスの季節

季節のイベントに便乗したスパムや攻撃が増加している。2月14日のバレンタインデーも同様に標的とされる危険が高く、セキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

G DATA Softwareでは、同日にボットの活動が活発になると予測し、警戒を呼びかけている。「Happy Valentine's Day!」「Valentine Invitation」といったタイトルのメールが送付され、記載されたURLへ誤ってアクセスすると、スパムを送信するボットに感染する可能性があるという。

またメッセージラボジャパンでも、ストームボットネットによる便乗スパムを予測。同社によると、バレンタイン以前からすでにバレンタインを意識したスパムが発生。全スパムの2%に精力剤のウェブサイトへ誘引するURLが記載されており、52カ国以上で流通を確認したという。

さらにKaspersky Labにおいても2月12日にロシアにてスパムを確認。ハートやくまのプーさんなどグリーティングカードに見せかけ、不正なファイルをダウンロードさせる手口だという。すでに世界的な広がりを見せており、同社が確認したメールトラフィック全体の5%に達しているという。

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan