Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LiveCDで小規模拠点に対応する検疫ソリューション - 日本HP

日本ヒューレット・パッカードは、認証、検疫ソリューションの最新版「HP Quarantine System Version 3.0」の販売を開始した。

同製品は、クライアントPCがネットワークに接続される際に、あらかじめ設定されたセキュリティポリシーと照合しながら自動で認証や検疫を行い、不正接続を防止することでネットワークを保護する検疫ソリューション。

最新版では、新バージョンの検疫コントローラを採用。OSなどを含んだCD-ROMからPCを起動するだけで制御ポイントとして利用できる。そのため各拠点にサーバを配置する必要がなく、制御ポイントを配置しやすくなった。

また、DHCP中継機能があらたに追加。DHCPを利用したネットワークの検疫システムを構築する場合も、新規に検疫用のDHCPサーバを導入する必要なく、既存の環境を活用することができる。

さらに英語版のユーザインターフェイスが追加されたほか、サーバOSとしてRed Hat Enterprise Linuxにくわえ、SUSE Linux Enterpriseにも対応した。

(Security NEXT - 2008/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」