Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LiveCDで小規模拠点に対応する検疫ソリューション - 日本HP

日本ヒューレット・パッカードは、認証、検疫ソリューションの最新版「HP Quarantine System Version 3.0」の販売を開始した。

同製品は、クライアントPCがネットワークに接続される際に、あらかじめ設定されたセキュリティポリシーと照合しながら自動で認証や検疫を行い、不正接続を防止することでネットワークを保護する検疫ソリューション。

最新版では、新バージョンの検疫コントローラを採用。OSなどを含んだCD-ROMからPCを起動するだけで制御ポイントとして利用できる。そのため各拠点にサーバを配置する必要がなく、制御ポイントを配置しやすくなった。

また、DHCP中継機能があらたに追加。DHCPを利用したネットワークの検疫システムを構築する場合も、新規に検疫用のDHCPサーバを導入する必要なく、既存の環境を活用することができる。

さらに英語版のユーザインターフェイスが追加されたほか、サーバOSとしてRed Hat Enterprise Linuxにくわえ、SUSE Linux Enterpriseにも対応した。

(Security NEXT - 2008/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト