Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むUSBメモリを紛失 - 健康HD子会社運営の複合カフェ

健康ホールディングスの子会社が、運営する複合カフェの顧客情報約1000件を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

所在が不明となっているのは、バックアップのため一部利用者の顧客情報を保存していたUSBメモリ1個。アクディアが運営する「リラックス 西千葉店」を利用している顧客約1000人分の氏名、住所、電話番号などが含まれている。

2月4日に紛失が発覚。メモリを使用していた従業員の自宅や店舗内を捜索したが見つからず、警察に紛失届を提出した。不正利用などの連絡はないという。

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差