Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むUSBメモリを紛失 - 健康HD子会社運営の複合カフェ

健康ホールディングスの子会社が、運営する複合カフェの顧客情報約1000件を保存したUSBメモリを紛失したことがわかった。

所在が不明となっているのは、バックアップのため一部利用者の顧客情報を保存していたUSBメモリ1個。アクディアが運営する「リラックス 西千葉店」を利用している顧客約1000人分の氏名、住所、電話番号などが含まれている。

2月4日に紛失が発覚。メモリを使用していた従業員の自宅や店舗内を捜索したが見つからず、警察に紛失届を提出した。不正利用などの連絡はないという。

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
「機能利用に指紋必要」とだます詐欺アプリ - 不意突く「Touch ID」課金狙う
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意