Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工事発注先のPC盗難で顧客情報を紛失 - 住友林業

住友林業は、工事発注先で盗難が発生し、関西圏の顧客135人分の個人情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、京都府の同社工事発注先が所有しているパソコンで、関西圏の顧客135人分の氏名および住所などが保存されていた。またそのうち35人に関しては、工事の請負金額や設計データなどが含まれているという。1月26日未明にかけて盗難が発生したとみられ、警察へ被害届を提出している。

同社では、関連する顧客に対し説明と謝罪をした。また再発防止に向け、グループ会社および取引先に対し、事務所のセキュリティ強化や個人情報の管理に関する注意喚起を指導する。

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市