Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類が盗難被害に - アルビオン

化粧品の製造販売を手がけるアルビオンの高松支店において盗難が発生し、取引先化粧品点の顧客情報568件が記載された書類が盗まれた。

被害に遭ったのは、同社取引先である化粧品店の個人情報顧客568人分が記載された書類。顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれる。1月30日夜から31日未明にかけて、同支店内で盗難が発生し、試供品などとともに書類が手提げ鞄ごと盗まれたという。

同社では、警察へ被害を届け、経済産業省へ事件を報告した。また関連する顧客に対し文書を送付して謝罪、事情を説明している。

(Security NEXT - 2008/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市