Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報漏洩事故で先物取引会社に報告求める - 経産省と農水省

経済産業省と農林水産省は、12月に個人情報流出事故が判明した商品先物取引サービスを展開する日進貿易に対して報告を求めた。

同社名古屋支店が保管する2003年10月から2006年9月までの一部顧客情報をもとに作成されたデータが、同社札幌本社に送付され、流出が発覚したもの。氏名や住所、生年月日、電話番号をはじめ、職業、職名、年収、取引銀行、口座番号など、個人情報600件が流出したと見られている。

同社より事故報告を受けた経産省と農水省は、任意の事情聴取を行ってきたが、二次被害が広範に及ぶ可能性があるとして、個人情報保護法に基づき、事故の経緯や安全管理措置、事故以前の従業員に対する教育や監査の状況、被害者に対する対応、再発防止策など報告を求めた。

(Security NEXT - 2008/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で社会実験参加者のメアド流出
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院