Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のセキュリティパッチは12件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。深刻度が「緊急」とされる7件や「重要」とされる5件の脆弱性へ対応するとしており、2月13日より12件のプログラムを提供する予定だ。

今回のセキュリティ更新プログラムでは、「Windows」や「Internet Explorer」「Office」をはじめ、緊急で対処すべき脆弱性7件を解消する予定。いずれも脆弱性を攻撃された場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるという。

また、深刻度が「重要」とされる脆弱性は、「Windows」のほか「Active Directory」や「ADAM」でサービス拒否が発生するものや「IIS」において特権の昇格やリモートでコードが実行される脆弱性など含まれる。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年2月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消