Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学校裏サイトの書き込みは個別判断 - ホットライン運用ガイドライン改訂案

インターネット協会は、違法情報や有害情報の受付窓口「インターネット・ホットラインセンター」の運用ガイドラインについて改訂案をとりまとめ、パブリックコメントを開始した。提出期限は2月29日。

同協会では、一般ユーザーからの違法情報や有害情報に関する通報を受け付け、プロバイダへの削除依頼や警察への通報を行う「インターネット・ホットラインセンター」を開設。開始から1年以上経過したことを受け、「ホットライン運用ガイドライン」を再検討して改訂案を策定した。

同改訂案では、対象となる違法情報および有害情報について再検討を実施。違法情報についてはわいせつ物公然陳列の判断基準を明確化し、児童ポルノ公然陳列の判断基準を法律の文言に合致させることなどを決定した。また有害情報については、通報実態を踏まえた変更が追加されている。

また、ガイドラインでは対象外とされている闇サイト、学校裏サイト、グロテスク映像などの情報についても検討。あらたにガイドラインへ盛り込むのではなく、個別に書き込みがガイドラインの対象となるか判断し、削除依頼などの対応を行うことを確認。グロテスクな映像については各プロバイダの自主判断に任せるとした。

(Security NEXT - 2008/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構