Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンクの不正引き出し、件数多くも被害額は大幅ダウン

全国銀行協会は、インターネットバンキングにおける預金不正引き出しの状況を公表した。被害件数は高水準だが、被害額は大きな減少を見せた。一方で偽造キャッシュカードの被害が再び増加している。

同協会が、会員や準会員など187行に対してアンケート調査を実施したもの。2007年第4四半期の被害は52件、被害額は約900万円だった。

ネットバンキングによる不正引き出しは、2006年第4四半期の時点で被害件数が17件、被害額1400万円だったが、2007年第1四半期に31件、1900万円と急増。その後も被害件数は増え続け、第3四半期に57件とピークを迎えた。今回も1割弱減少したものの52件と高水準となっている。

ただし、被害額については第2四半期に5700万円まで上昇したものの、翌四半期に4800万円と減少に転じ、今回の調査で2006年第1四半期ぶりに1000万円割れとなった。

一方で、偽造キャッシュカード被害については、2007年第3四半期に30件と低水準に落ち着いたが、第4四半期に229件と大幅に増加し、件数としては過去最悪を記録。また被害額についても1億7900万と前回の3000万円から急増している。

(Security NEXT - 2008/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ