Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「新年を機にダイエットを決意」さえスパムの標的に

季節のイベントを狙ったスパム攻撃が目立っている。さらに記載URLからスパム判定を逃れる「検索エンジンスパム」も増加しているという。

MessageLabsが、1月度のスパムレポートで明らかにしたもの。スパムの割合は、メールトラフィックの73.4%で、前月より微増した。

テキストやHTMLのスパムが大半で、逮捕者が出たことから株価操作のスパムが減少。また2007年夏にはピークを迎えた画像スパムも下火となり、PDFやXLS、MP3などのスパムも1%未満となった。

1月は、金融関連のフィッシング詐欺が増加。時節を重視する傾向が強く、金融機関の貸し渋りやバーゲンなどを狙った攻撃が目立ったという。また、新年を機にダイエットを誓ったユーザーを狙ったとみられる攻撃なども発生した。

また、同社では、「検索エンジンスパム」の増加を確認しており、1月は17%まで上昇した。同攻撃は、検索エンジンの検索結果を表示するリンクをスパムに記載しているのが特徴で、検索エンジン経由で目的のサイトへと誘引。スパム対策製品で検索エンジンのURLをブロックするのが難しい性質を悪用している。

(Security NEXT - 2008/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず