Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

作業ミスで受託データ誤送信が発生 - 凸版印刷

凸版印刷は、受託していたJTBパブリッシングの顧客情報を別の事業者へ誤って送信する事故が発生したと発表した。

誤って送信したのは、JTBパブリッシングが発行する「ノジュール」の定期購読者情報。1月21日にJTBパブリッシングへデータを送信する際、担当者の作業ミスにより、誤って同様に業務を受託している他社へ送信してしまったという。

同社では、事故発覚後に誤送信先において担当者以外の閲覧やデータの複製、外部への持ち出しがないことや、データの消去を確認した。また関連する読者へ書面で謝罪している。

(Security NEXT - 2008/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大