Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、自動更新によるIE7の配布開始を発表 - 告知サイトも公開

マイクロソフトは、Windows XP SP2やWindows Server 2003 SP2を対象に、Internet Explorer7日本語版の自動更新機能による配布を、2月13日より開始する。

IE7では、フィッシングサイトや信頼性が低い証明書を利用したページを警告する「フィッシングフィルタ」機能など、セキュリティ機能があらたに追加された。また、1つのブラウザで複数サイトをタブ表示する「タブブラウジング機能」や、「RSSフィード」機能、ページ全体を拡大、縮小できる「ズーム機能」など、操作性を強化している。

これまでは、マイクロソフト ダウンロードセンターからの提供のみだったが、自動更新機能による配布のほか、Windows UpdateやMicrosoft Update、およびWindows Server Update Servicesからも提供される。また同社では、新機能を紹介する告知サイトを公開した。IE 6へのダウングレードについても説明している。

(Security NEXT - 2008/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も