Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11種類のPC操作ログを取得するツール「QOH」 - クオリティ

クオリティは、セキュリティ監査シリーズとして、クライアントPCの操作ログを取得するツール「Quality Operate Hawkeye」を、2月5日より発売する。

同ツールは、クライアントPCにおける操作ログを取得するもの。ファイルアクセスやファイル操作、ウェブアクセス、メール送受信、プロセス起動、プリンタ操作、クリップボード操作、アクティブウィンドウ記録、FTP操作、スナップショット記録、ログオン記録など、11種類の操作ログの取得が可能。収集したログから問題のある操作を見つけるため、64段階の絞り込み検索を実現した。

ログ収集時のCPU使用率を抑えることで通常操作への影響を低減したほか、ログデータの圧縮と通信タイミングを最適化することでネットワークの負荷も抑えた。参考価格は100ライセンスで66万9000円から。

また、同製品にIT資産管理、ライセンス管理ツール「QAW」もしくは「QND Plus」、外部記憶媒体制御ツール「eX WP」、セキュリティレポーティングツール「eX Report」を組み合わせた「セキュリティ監査セット」も同時発売される。

(Security NEXT - 2008/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市