Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11種類のPC操作ログを取得するツール「QOH」 - クオリティ

クオリティは、セキュリティ監査シリーズとして、クライアントPCの操作ログを取得するツール「Quality Operate Hawkeye」を、2月5日より発売する。

同ツールは、クライアントPCにおける操作ログを取得するもの。ファイルアクセスやファイル操作、ウェブアクセス、メール送受信、プロセス起動、プリンタ操作、クリップボード操作、アクティブウィンドウ記録、FTP操作、スナップショット記録、ログオン記録など、11種類の操作ログの取得が可能。収集したログから問題のある操作を見つけるため、64段階の絞り込み検索を実現した。

ログ収集時のCPU使用率を抑えることで通常操作への影響を低減したほか、ログデータの圧縮と通信タイミングを最適化することでネットワークの負荷も抑えた。参考価格は100ライセンスで66万9000円から。

また、同製品にIT資産管理、ライセンス管理ツール「QAW」もしくは「QND Plus」、外部記憶媒体制御ツール「eX WP」、セキュリティレポーティングツール「eX Report」を組み合わせた「セキュリティ監査セット」も同時発売される。

(Security NEXT - 2008/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県