Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カードローン契約書などが所在不明に - 高鍋信金

高鍋信用金庫は、カードローン契約書など、個人情報が記載された書類の紛失が判明したと発表した。

カードローン契約書13件の所在がわからなくなっているもので、契約書の一部紛失が判明したことから、同金庫で保管している契約書の全件調査を実施したところ明らかになったという。また、水道料金の口座振替依頼書1件の紛失も判明している。

いずれも店内で誤って廃棄した可能性が高く、二次被害が発生するおそれは低いと同庫では説明している。同金庫では、関連する顧客に対して、連絡が取れない一部顧客を除き、事情の説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2008/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡