Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxサーバ管理ソフトウェア「HDE Controller」のセキュリティ機能が向上

HDEは、Linuxサーバ管理ソフトウェア「HDE Controller」の最新版を販売開始した。

同製品は、ウェブやメール、DNSをはじめとするサービスの設定やアカウント管理、ログ監視が行えるソフトウェア。今回、仮想化環境に対応する「同 5 Virtual Edition」をあらたにリリース。従来より販売されている「同 Professional Edition」「同 LG Edition」についても新バージョンへ移行した。

最新版では、メール環境などのセキュリティを強化。サブミッションポートや「SMTP over SSL」へ対応。また「FTP over SSL」や「SSLを利用したWebDAV機能」を実現した。また、バージョン番号の非表示設定が可能となったほか、ウェブアクセスの統計を強化。今回より「Red Hat Enterprise Linux 5」「CentOS 5.x」の64bit版に対応している。

(Security NEXT - 2008/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント