Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち込みPCなど無制限で利用できるSaaS型セキュリティサービス - エフ・セキュア

日本エフ・セキュアは、中小企業や小中高校を対象としたウイルス対策製品に、SaaS型のセキュリティ製品「F-Secure ビジネスセキュリティ」をバンドルし、4月1日より発売する。

両製品は、企業や学校などで包括的なセキュリティ対策を導入できるセキュリティソリューション。個人の持ち込みPCを含めてセキュリティ対策を無制限にインストールし、対応できる。いずれも、メンテナンスフリーのSaaS型サービス「F-Secure ビジネスセキュリティ」がバンドルしており、ウイルスや不正侵入対策など実現する。

「F-Secureアンチウィルス オフィスパックS」は、従業員500人以下の企業向けウイルス対策パッケージ。「F-Secure ビジネスセキュリティ ワークステーション」と「F-Secure ビジネスセキュリティ サーバ」
で構成されている。

一方、「F-Secureアンチウィルス 小中高校パックS」は、「F-Secure ビジネスセキュリティ ワークステーション」「F-Secure ビジネスセキュリティ サーバ」「F-Secure Linuxサーバセキュリティ」で構成される小中高校を対象としたウイルス対策パッケージ。教育委員会で複数校導入した際の数量割引にも対応する。

(Security NEXT - 2008/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避