Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ製ルータ18製品にCSRFの脆弱性 - 設定が書き換えられるおそれ

ヤマハ製のファイアウォールルータ「SRT100」やブロードバンドVoIPルータ「RT58i」、イーサアクセスVPNルータ「RTX1100」をはじめ、同社製ルータ製品4シリーズ18製品にクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が見つかった。

これらのルータ製品にはCSRFの脆弱性により、ウェブ管理画面にログイン中に、第三者によって不正な細工がされたページを閲覧すると、管理者の意図に反して管理パスワードや製品の設定が変更される可能性がある。

影響を受ける機種のうち、1月28日時点で脆弱性を解消した最新ファームウェアがリリースされているのは、「RT58i」および「RT57i」のみ。また、「SRT100」「RT107e」「RTV700」については順次リリースが予定されている。

ファームウェアのリリース予定がない機種に関しては、ブラウザによる設定機能を使用できないよう、製品の設定を変更することで回避できる。

情報処理推進機構では、今回の脆弱性について、共通脆弱性評価システム「CVSS」における深刻度を、3段階で2番目に危険な「警告」とした。

WWWブラウザによる設定におけるクロスサイト・リクエスト・フォージェリの脆弱性について
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/Security/JVN88575577.html

ヤマハ
http://www.yamaha.co.jp/

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市
「Emotet」用いた標的型攻撃が増加 - 米政府が警鐘
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
PHPのアップデートが公開 - 複数脆弱性に対処
千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性