Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ製ルータ18製品にCSRFの脆弱性 - 設定が書き換えられるおそれ

ヤマハ製のファイアウォールルータ「SRT100」やブロードバンドVoIPルータ「RT58i」、イーサアクセスVPNルータ「RTX1100」をはじめ、同社製ルータ製品4シリーズ18製品にクロスサイトリクエストフォージェリの脆弱性が見つかった。

これらのルータ製品にはCSRFの脆弱性により、ウェブ管理画面にログイン中に、第三者によって不正な細工がされたページを閲覧すると、管理者の意図に反して管理パスワードや製品の設定が変更される可能性がある。

影響を受ける機種のうち、1月28日時点で脆弱性を解消した最新ファームウェアがリリースされているのは、「RT58i」および「RT57i」のみ。また、「SRT100」「RT107e」「RTV700」については順次リリースが予定されている。

ファームウェアのリリース予定がない機種に関しては、ブラウザによる設定機能を使用できないよう、製品の設定を変更することで回避できる。

情報処理推進機構では、今回の脆弱性について、共通脆弱性評価システム「CVSS」における深刻度を、3段階で2番目に危険な「警告」とした。

WWWブラウザによる設定におけるクロスサイト・リクエスト・フォージェリの脆弱性について
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/Security/JVN88575577.html

ヤマハ
http://www.yamaha.co.jp/

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD