Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報や試験結果など含むPCが教室内で盗難に - 近畿大

近畿大学の工学部において盗難が発生し、学生337人分の個人情報や、一部学生の試験結果などが保存されたパソコンが盗まれた。

被害に遭ったパソコンは、教員が講義の準備のために持参したもので、講義を担当する4科目の受講生のべ337人の氏名、学籍番号、出欠状況などが保存されていた。また、そのうち1科目99人に関しては、筆記試験の結果が含まれているという。

1月22日朝、教員がパソコンを教室内に持参。講義の準備のため、パソコンを置いたまま一時部屋を離れた間に盗まれたという。同大学では、関連する学生に対し経緯説明と謝罪を行った。また個人情報保護に関する認識や管理体制が不十分だったとして、情報管理を強化する。

(Security NEXT - 2008/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業