Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LanScope Catで指定許可できる専用USBメモリ - アイ・オー・データ

アイ・オー・データ機器は、エムオーテックスのセキュリティソリューション「LanScope Cat」用USBメモリ「ED-S2/MOTシリーズ」の受注販売を開始した。

同製品は、「LanScope Cat」専用として両社が共同で開発したUSBメモリ。パスワードによる認証や自動暗号化機能など、セキュリティ対策機能を搭載しており、「LanScope Cat6」「同5」においてデバイス制御オプション導入している場合、同メモリのみを指定して利用を許可することができる。

また、オプションツール「SUManager for LanScope Cat」を別途導入することで、「LanScope Cat」が動作していない管理外のパソコンにおけるメモリの使用を制限できる。

(Security NEXT - 2008/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管