Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ認証でファイルの復号が行える「セキュリティコンパクト」 - 低速回線にも対応

エージーテックは、外部に持ち出したパソコンからの情報漏洩を防ぐ暗号化システム「セキュリティコンパクト」を、2月5日より販売開始する。

同製品は、アステックインタナショナルが開発した持ち出しパソコン向けの情報漏洩防止システム。パソコン上でファイルをドラッグ&ドロップで登録すると暗号化され、復号キーをサーバに保存。暗号化したファイルを開くとサーバ認証を経て復号キーを取得し、自動で復号化される。

管理者によるアクセス権の一括設定に対応。アクセス情報がサーバに記録されるため、問題が発生した際にも追跡調査が行える。暗号化には、128ビットAESを採用。パソコンとサーバ間でデータ自体のやり取りはなく、キー情報のみが送られるため、低速度回線の環境にも対応する。

価格は、10ユーザー込みの基本ライセンスが36万7500円。追加ライセンスが10ユーザーで5万2500円。追加ライセンスが利用できない5ユーザー限定版が21万円。

(Security NEXT - 2008/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県