Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ認証でファイルの復号が行える「セキュリティコンパクト」 - 低速回線にも対応

エージーテックは、外部に持ち出したパソコンからの情報漏洩を防ぐ暗号化システム「セキュリティコンパクト」を、2月5日より販売開始する。

同製品は、アステックインタナショナルが開発した持ち出しパソコン向けの情報漏洩防止システム。パソコン上でファイルをドラッグ&ドロップで登録すると暗号化され、復号キーをサーバに保存。暗号化したファイルを開くとサーバ認証を経て復号キーを取得し、自動で復号化される。

管理者によるアクセス権の一括設定に対応。アクセス情報がサーバに記録されるため、問題が発生した際にも追跡調査が行える。暗号化には、128ビットAESを採用。パソコンとサーバ間でデータ自体のやり取りはなく、キー情報のみが送られるため、低速度回線の環境にも対応する。

価格は、10ユーザー込みの基本ライセンスが36万7500円。追加ライセンスが10ユーザーで5万2500円。追加ライセンスが利用できない5ユーザー限定版が21万円。

(Security NEXT - 2008/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず