Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋葉原の路上で海賊版ソフトを販売 - 中国籍の男女5人を現行犯逮捕

警視庁は、秋葉原電気街の路上でチラシを配布して顧客を集め、海賊版ソフトを販売していた中国籍の男女5人を、著作権法違反の疑いで現行犯逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は1月20日、アドビシステムズの「Adobe Acrobat 7.0 Professional 日本語版」を無断で複製した海賊版を販売目的で所持。またほかの4人は、ジャストシステムの「JUST Suite 2007」の海賊版を販売目的で所持していた。

グループは、約100種類の海賊版リストを記載したチラシを路上で配布、1枚あたり5000円から1万8000円で販売していた。チラシ配布役の女性が注文を受けると、喫茶店でソフトを保管して待機している男性に連絡を取り、運搬役の男性に運ばせるという方法で海賊版を販売していた。

警察の調べによると、グループは2007年春ごろから海賊版販売を始めており、秋葉原の路上販売を指摘する多くの情報が寄せられていたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS