Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムを利用して海賊版を販売した男性を逮捕 - 逮捕者の販売履歴で発覚

北海道警と厚別署は、スパムメールを不特定多数に送信して顧客を集め、海賊版ソフトを販売していた大阪市の無職男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2007年11月18日ごろから12月22日ごろにかけて前後2回にわたり、ジャストシステムの「JUST Suite 2007」を無断で複製した海賊版を販売していた。
6月や10月に逮捕者が出た一連の著作権法違反事件で、海賊版の販売ルートを調べたところ、今回の犯罪が発覚したという。

男性はオークションサイトや自サイトなどを利用せず、海賊版のリストを掲載したスパムを不特定多数に送る方法で顧客を集めていた。一定の利益を上げていることから、警察ではメール送付先リストが存在すると判断し、その入手先なども調べている。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県