Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む消防庁の廃棄ハードディスクが中古市場に流通

東京消防庁が廃棄したパソコンのハードディスクが、中古品量販店で販売されていたことがわかった。問題のハードディスクには、2500人分の個人情報が含まれていたという。

同庁では、業務委託先である日立制作所を通じてパソコンの交換を実施したが、その際に廃棄パソコンに含まれていたハードディスクが、業務データを含んだ状態で中古量販店へ流出したもの、同ハードディスクを購入した男性からの連絡で1月14日に判明した。

パソコンの修理交換を行った日立製作所によると、委託した子会社が再利用は不可能と判断し、リサイクル目的で資源リサイクル業者へ売却。その後同業者から外部へ誤って持ち出され、中古品量販店に流通したという。

同ハードディスクは、以前武蔵野消防署境出張所で使用されており、管轄下の住民や署員の個人情報2500人分が含まれていた。発覚した同日中に日立製作所が回収している。

(Security NEXT - 2008/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町