Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む消防庁の廃棄ハードディスクが中古市場に流通

東京消防庁が廃棄したパソコンのハードディスクが、中古品量販店で販売されていたことがわかった。問題のハードディスクには、2500人分の個人情報が含まれていたという。

同庁では、業務委託先である日立制作所を通じてパソコンの交換を実施したが、その際に廃棄パソコンに含まれていたハードディスクが、業務データを含んだ状態で中古量販店へ流出したもの、同ハードディスクを購入した男性からの連絡で1月14日に判明した。

パソコンの修理交換を行った日立製作所によると、委託した子会社が再利用は不可能と判断し、リサイクル目的で資源リサイクル業者へ売却。その後同業者から外部へ誤って持ち出され、中古品量販店に流通したという。

同ハードディスクは、以前武蔵野消防署境出張所で使用されており、管轄下の住民や署員の個人情報2500人分が含まれていた。発覚した同日中に日立製作所が回収している。

(Security NEXT - 2008/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ