Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人の意志に反する個人情報の利用停止求める - 内閣府

内閣府は、国や地方公共団体、個人情報取扱事業者の個人情報保護の方向性を示す「個人情報の保護に関する基本方針」について、国民生活審議会の意見をもとに改正案を取りまとめ、パブリックコメントを開始した。意見募集の締め切りは2月18日で、3月を目処に閣議決定する予定。

今回の改正案では、問題が指摘されている過剰反応への広報活動や、国際的な取り組みについて言及した。さらにプライバシーポリシーへ、本人希望に応じて保有個人データの自主的な利用停止や、委託処理の透明化、顧客の種類ごとに利用目的を限定や利用内容の明確化、取得元や取得経緯などの明記などを求める。

また一般的に閲覧可能な市販名簿など、権利侵害の可能性が低いとして、裁断処理など高じなくても良いとの内容を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
2017年2Qの脆弱性届け出は269件 - ソフトウェア関連が2.6倍に
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件