Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人の意志に反する個人情報の利用停止求める - 内閣府

内閣府は、国や地方公共団体、個人情報取扱事業者の個人情報保護の方向性を示す「個人情報の保護に関する基本方針」について、国民生活審議会の意見をもとに改正案を取りまとめ、パブリックコメントを開始した。意見募集の締め切りは2月18日で、3月を目処に閣議決定する予定。

今回の改正案では、問題が指摘されている過剰反応への広報活動や、国際的な取り組みについて言及した。さらにプライバシーポリシーへ、本人希望に応じて保有個人データの自主的な利用停止や、委託処理の透明化、顧客の種類ごとに利用目的を限定や利用内容の明確化、取得元や取得経緯などの明記などを求める。

また一般的に閲覧可能な市販名簿など、権利侵害の可能性が低いとして、裁断処理など高じなくても良いとの内容を盛り込んだ。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS