Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Exchange向けメールセキュリティ製品の最新版 - ソフォス

ソフォスは、メールゲートウェイのセキュリティ対策ソフト最新版「PureMessage for Microsoft Exchange Version 3」を発売した。

同製品は、ウイルスやスパイウェア、スパムなどから、Microsoft Exchange環境を保護するセキュリティ対策ソリューション。Exchange 2007およびWindows Server 2003 64ビット版にも対応している。

未知のウイルスやスパムについても検知、ブロックする振る舞い検出型遺伝子脅威検知技術を採用。Active Directoryと連携し、ユーザー単位またはグループ単位で柔軟なポリシー設定が行える。また、各グループから発信されるメールコンテンツや添付ファイルを監視できるため、内部からの情報漏洩抑止に活用できる。

最新版では、従来版に比べてマルチサーバ環境におけるポリシー施行機能が強化された。ひとつの管理コンソールからポリシー設定が行えるため、効率的に集中管理が行える。またクラスタリングに対応し、大規模ユーザーへのサポートを強化。レポート機能や、ネットワーク内のステータスをわかりやすく表示するダッシュボードを提供する。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も