Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Exchange向けメールセキュリティ製品の最新版 - ソフォス

ソフォスは、メールゲートウェイのセキュリティ対策ソフト最新版「PureMessage for Microsoft Exchange Version 3」を発売した。

同製品は、ウイルスやスパイウェア、スパムなどから、Microsoft Exchange環境を保護するセキュリティ対策ソリューション。Exchange 2007およびWindows Server 2003 64ビット版にも対応している。

未知のウイルスやスパムについても検知、ブロックする振る舞い検出型遺伝子脅威検知技術を採用。Active Directoryと連携し、ユーザー単位またはグループ単位で柔軟なポリシー設定が行える。また、各グループから発信されるメールコンテンツや添付ファイルを監視できるため、内部からの情報漏洩抑止に活用できる。

最新版では、従来版に比べてマルチサーバ環境におけるポリシー施行機能が強化された。ひとつの管理コンソールからポリシー設定が行えるため、効率的に集中管理が行える。またクラスタリングに対応し、大規模ユーザーへのサポートを強化。レポート機能や、ネットワーク内のステータスをわかりやすく表示するダッシュボードを提供する。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT