Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税金滞納者の個人情報含む書類を一時紛失 - 松山市

松山市は、職員が個人情報11人分を含む税務関係書類を紛失したと発表した。書類は同日中に発見され、すべて回収されたという。

一時紛失したのは、税金滞納者の個人情報11人分を含む税務関係書類。滞納者の財産調査の進捗状況や調査スケジュール、周辺地図のコピー、登録事項証明書コピーなどが含まれる。

1月16日午前11時ごろ、滞納者の財産調査を実施していた職員が、職務を終えた際に関係書類の紛失に気付き、事故が判明した。複数の税務課職員が調査ルートについて捜索を行ったところ、同日午後4時45分に市内マンションのごみ集積場で発見され、書類はすべて回収されたという。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県