Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税金滞納者の個人情報含む書類を一時紛失 - 松山市

松山市は、職員が個人情報11人分を含む税務関係書類を紛失したと発表した。書類は同日中に発見され、すべて回収されたという。

一時紛失したのは、税金滞納者の個人情報11人分を含む税務関係書類。滞納者の財産調査の進捗状況や調査スケジュール、周辺地図のコピー、登録事項証明書コピーなどが含まれる。

1月16日午前11時ごろ、滞納者の財産調査を実施していた職員が、職務を終えた際に関係書類の紛失に気付き、事故が判明した。複数の税務課職員が調査ルートについて捜索を行ったところ、同日午後4時45分に市内マンションのごみ集積場で発見され、書類はすべて回収されたという。

(Security NEXT - 2008/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース