Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

InterScan Messaging Securityに重大な問題 - 修正プログラムが公開に

トレンドマイクロは、メールセキュリティソリューション「InterScan Messaging Security」に重大な問題が見つかったと発表した。

影響があるのは、「InterScan Messaging Security Suite 7.0」のWindows版、Linux版、Solaris版、および「InterScan Messaging Security Appliance 5000 7.0」。今回見つかった不具合により、一部設定においてポリシーサーバよりデータが受信できず、メール受信時に実際の設定と異なるルールが適用される場合があるという。

同社では、不具合を修正するプログラムを用意し、ウェブ上で公開。利用者に適用を呼びかけている。

サポート情報
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1044

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー