Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

またQuickTimeに脆弱性が見つかる - 実証コードも確認

人気音楽ソフト「iTunes」でも利用されているアップルのマルチメディアソフト「QuickTime」に、未修正の重大な脆弱性が見つかった。

「QuickTime 7.3.1.70」においてReal Time Streaming Protocol(RTSP)のレスポンスヘッダ処理にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかったもの。脆弱性が悪用された場合は、サービス停止が発生したり、任意のコードが実行されるおそれがある。

今回の脆弱性については、すでに実証コードの存在も確認されており、US-CERTやセキュリティベンダーなどは、信頼できないウェブサイトへのアクセスやリンクへのクリック、不審なファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

アップルでは、脆弱性を解消したとして、12月に「QuickTime 7.3.1」を公開したばかりだった。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
メールサーバ「CyberMailV7」に脆弱性 - 旧製品も影響
MS Dynamics 365 Finance and Operationsに深刻な脆弱性
「Apache HTTP Server」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開