Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

またQuickTimeに脆弱性が見つかる - 実証コードも確認

人気音楽ソフト「iTunes」でも利用されているアップルのマルチメディアソフト「QuickTime」に、未修正の重大な脆弱性が見つかった。

「QuickTime 7.3.1.70」においてReal Time Streaming Protocol(RTSP)のレスポンスヘッダ処理にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかったもの。脆弱性が悪用された場合は、サービス停止が発生したり、任意のコードが実行されるおそれがある。

今回の脆弱性については、すでに実証コードの存在も確認されており、US-CERTやセキュリティベンダーなどは、信頼できないウェブサイトへのアクセスやリンクへのクリック、不審なファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

アップルでは、脆弱性を解消したとして、12月に「QuickTime 7.3.1」を公開したばかりだった。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性