Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

またQuickTimeに脆弱性が見つかる - 実証コードも確認

人気音楽ソフト「iTunes」でも利用されているアップルのマルチメディアソフト「QuickTime」に、未修正の重大な脆弱性が見つかった。

「QuickTime 7.3.1.70」においてReal Time Streaming Protocol(RTSP)のレスポンスヘッダ処理にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかったもの。脆弱性が悪用された場合は、サービス停止が発生したり、任意のコードが実行されるおそれがある。

今回の脆弱性については、すでに実証コードの存在も確認されており、US-CERTやセキュリティベンダーなどは、信頼できないウェブサイトへのアクセスやリンクへのクリック、不審なファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

アップルでは、脆弱性を解消したとして、12月に「QuickTime 7.3.1」を公開したばかりだった。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か
結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM