Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター2008が「Vista SP1」や「XP SP3」環境に一部対応

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2008」の最新バージョンを1月23日より公開する。

今回公開が予定されている「ウイルスバスター2008 プログラムバージョン16.05」では、終了時にブルースクリーンが表示される不具合を解消した。

さらに、ベータ版が提供されている「Windows Vista SP1」や「 Windows XP SP3」の環境下において、「インストールができない問題」や、「メイン画面が起動できない」「アップデート機能などが正常に動作しない」といった不具合を修正。同バージョンは、アップデート機能を通じて配布される。

ただし同バージョンでは、「Windows Vista SP1」「Windows XP SP3」それぞれの環境において「パーソナルファイアウォール」「不正変更の監視」「無線LANパトロール」が動作しない問題が含まれている。同社ではVista SP1の正式公開のタイミングに合わせ、完全に対応したモジュールを順次配信する予定だという。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ