Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトの相談多し - 安易な判断はトラブルの元

「もっともらしい名前だった」など安易な判断で偽セキュリティ対策ソフトをインストールしてしまい、トラブルに発展するケースが後を絶たない。情報処理推進機構(IPA)は、偽セキュリティ対策ソフトに関する相談が多数寄せられているとして注意を呼びかけている。

同機構によれば、「VirusuWadame(ウイルスはダメ)」「KyoiKanshi(脅威監視)」「KansenNashi(感染なし)」などファイル名がローマ字表記だったり、表示されるメッセージが日本語であるなど日本をターゲットにした攻撃が増えており、うっかりインストールするケースが報告されている。

以前より同機構では、実際は発生していないウイルス感染や不具合などを警告し、ソフトの購入を迫る悪質な偽セキュリティ対策ソフトについて注意を促しているが、英語表記であったため被害を逃れたユーザーも多かったという。

ソフトの価格が安価なことから、支払ってしまうケースが報告されているが、支払っても問題は解決されないことから、決して支払いに応ぜず、問題のソフトをアンインストールしたり、アンインストールできない場合はシステムの復元、初期化など対応するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート