Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトの相談多し - 安易な判断はトラブルの元

「もっともらしい名前だった」など安易な判断で偽セキュリティ対策ソフトをインストールしてしまい、トラブルに発展するケースが後を絶たない。情報処理推進機構(IPA)は、偽セキュリティ対策ソフトに関する相談が多数寄せられているとして注意を呼びかけている。

同機構によれば、「VirusuWadame(ウイルスはダメ)」「KyoiKanshi(脅威監視)」「KansenNashi(感染なし)」などファイル名がローマ字表記だったり、表示されるメッセージが日本語であるなど日本をターゲットにした攻撃が増えており、うっかりインストールするケースが報告されている。

以前より同機構では、実際は発生していないウイルス感染や不具合などを警告し、ソフトの購入を迫る悪質な偽セキュリティ対策ソフトについて注意を促しているが、英語表記であったため被害を逃れたユーザーも多かったという。

ソフトの価格が安価なことから、支払ってしまうケースが報告されているが、支払っても問題は解決されないことから、決して支払いに応ぜず、問題のソフトをアンインストールしたり、アンインストールできない場合はシステムの復元、初期化など対応するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市