Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1位は古参の「NetSky.q」、再ランクインするウイルスが増加 - Kaspersky調査

Kaspersky Labs Japanは、2007年12月に観測したウイルスやオンラインスキャナの状況を取りまとめて公表した。前月はランク外だった「NetSky.q」が1位に浮上し、トップ10のうち8つが入れ替わるなど、変動が激しくなっている。

12月は、「Diehard」の亜種が大幅な増加を見せており、12月21日に出現した「Diehard.dc」は、短い期間で急増しランキング2位になった。また4位には「Diehard.db」、7位には「Diehard.dd」が入っており、同プログラムは数日間で全ウイルスメールの80%以上を占めたという。その一方、「Warezov」は減少傾向にあり、12月に検知された最新の亜種「Warezov.xd」も3位にとどまっている。

また、古参ウイルスである「NetSky.q」がランク外からトップに返り咲いたほか、「Bagle.gt」、「NetSky.aa」、「Nyxem.e」などもランク外から再ランクインするなど、トップ10の変動が激しくなっている。

オンラインスキャナのランキングでは、11月のトップだった「Dialer.qn」に代わって「Dialer.yz」が1位になった。同プログラムが最初に検知されたのは12月11日で、その後短期間で多くの亜種がまん延した。同社ではすでに600種以上の亜種を検知しているという。また、11月に急激な拡散が観測されたVirut系プログラムも引き続き流行している。

同社がまとめたウイルスやオンラインスキャナのランキングにおける上位10位は以下のとおり。

ウイルス

1位:Email-Worm.Win32.NetSky.q
2位:Trojan-Downloader.Win32.Diehard.dc
3位:Email-Worm.Win32.Warezov.xd
4位:Trojan-Downloader.Win32.Diehard.db
5位:Email-Worm.Win32.Scano.gen
6位:Email-Worm.Win32.Bagle.gt
7位:Trojan-Downloader.Win32.Diehard.dd
8位:Email-Worm.Win32.NetSky.aa
9位:Trojan-Spy.HTML.Fraud.ay
10位:Email-Worm.Win32.Nyxem.e

オンラインスキャナ

1位:Trojan.Win32.Dialer.yz
2位:Virus.Win32.Virut.av
3位:Email-Worm.Win32.Brontok.q
4位:not-a-virus:PSWTool.Win32.RAS.a
5位:Trojan.Win32.BHO.abo
6位:Virus.Win32.Virut.q
7位:Trojan.Win32.Inject.mt
8位:Trojan.Win32.Dialer.qn
9位:not-a-virus:Monitor.Win32.Perflogger.ca
10位:Email-Worm.Win32.Rays

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避