Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想ドライブ上でデータを暗号化して保護するUSBキー - コレガ

コレガは、仮想ドライブを作成し、ドライブ上でデータを暗号化するUSBセキュリティキー「CG-ALOCKYSF」を、1月10日より発売する。

同製品は、パソコンのハードディスク上に仮想ドライブを作成し、その中に重要なデータや個人情報などを保存できるセキュリティソリューション。USBキーを鍵として利用しており、本体を接続することで仮想ドライブへアクセスできるようになる。

仮想ドライブにファイルやフォルダを保存するだけで、AES256ビットによる暗号化が可能。また、パスワードによる復号できる自己復号化ファイルの作成にも対応している。

さらにデータを完全に抹消するファイルシュレッダーや、不正使用を防止するアクセス制限機能、スクリーンロック機能なども搭載した。価格はオープン。

(Security NEXT - 2008/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性