Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年はデータの身代金要求など巧妙化進む - G DATA予測

G DATA Softwareは、2008年のウイルス警戒ポイントをまとめた。ウイルスの活動周期が短期化することで対策がより難しくなる一方、スパムによる攻撃はボットネットとの連携によりさらに巧妙化するとみている。

同社では、ウイルスが発生し収束するまでの周期が短くなると予測しており、一度流通したウイルスが改変されて再び利用される「多変トロイの木馬」がまん延するという。

この攻撃には、圧縮状態のまま実行される「ランタイムパッカー」が使われており、2007年のネット犯罪においてこの手法が成功していることから、2008年にはますます増加すると同社では推測している。

また、スパムによる攻撃がさらに巧妙化するとして警告を発している。ボットネットで収集されたメールアドレスを悪用され、特定の個人やグループを標的にしたスパムメールや詐欺メールが発信され、なりすましなどが横行しスパムと認識するのが困難になるという。またオリンピックなどの国際的なイベントに便乗したスパムメールの増加にも注意が必要だという。

さらに2008年には、データをハイジャックして金銭を要求する「ランサムウェア」の増加を予測。ファイルやフォルダを暗号化してデータを使えなくさせたうえで、その解除と交換に金銭を要求するもので、2008年には多用されるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2008/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も