Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多数のジャストシステム製品で再び脆弱性 - 30製品以上に影響

ジャストシステムは、同社人気ワープロソフト「一太郎シリーズ」をはじめとする多数製品に影響を及ぼす脆弱性が見つかったとして、問題を解消するセキュリティ更新モジュールの提供を開始した。

ジャストシステムの複数製品が利用するライブラリファイルにバッファオーバーフローの脆弱性が見つかったもので、アプリケーションやプラグインなどで悪意あるファイルを閲覧した場合、インターネット経由で第三者により、任意のコードが実行され、不正な操作が行われるおそれがある。

問題のライブラリファイルは、ジャストシステム製品の多くが利用しており、「一太郎シリーズ」をはじめ、「花子」「三四郎」など30製品以上に影響がある。ジャストシステムによると、1月7日の時点では脆弱性を悪用されたことによる被害は報告されていないという。

ジャストシステムでは、2007年10月に「一太郎シリーズ」について3種類の脆弱性を解消するプログラムを公開。また12月14日にも同ライブラリファイルに見つかった脆弱性を解消するプログラムの提供を開始していたが、今回見つかった脆弱性は異なる脆弱性のため、再び対応が必要となる。

今回モジュールの提供にあたっては、12月14日に公開されたモジュールに脆弱性の対応内容が追加される形で提供されるため、12月14日の脆弱性についても対応していない場合は、合わせて解消することができる。

ジャストシステム製品共通のバッファオーバーフロー脆弱性
http://www.justsystems.com/jp/info/pd8001.html

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/

(Security NEXT - 2008/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市
「Emotet」用いた標的型攻撃が増加 - 米政府が警鐘
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
PHPのアップデートが公開 - 複数脆弱性に対処
千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性