Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

13店舗で1万件以上の個人情報を紛失や誤廃棄 - 十和田信金

十和田信用金庫は、13店舗において個人情報を記載した預金や融資関連書類69件を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、預金関連の申込書41件をはじめ、融資関連の申込書やATMジャーナル、債権書類、伝票など69件。含まれる個人情報は、7223人分にのぼる。

また入出金伝票をはじめ、4611人分の個人情報が含まれる15件の書類についても誤廃棄も判明した。いずれも、氏名や住所、生年月日、口座番号など記載されている。

紛失した書類の個人情報について、不正利用などの報告はなく、同信金では、誤って廃棄した可能性が高いと説明。関連する顧客へ連絡を取り、謝罪を行っているという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定