Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo! JAPANかたるフィッシングメールが半年ぶりに発生 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、11月に国内で観測されたフィッシングの届け出状況をとりまとめ、公表した。

同協会が11月に報告を受けたフィッシング情報は15件で、8月より増加傾向が続いている。フィッシングメールは、10月より増加して14件が報告された。

半年ぶりに「Yahoo! JAPAN」を偽装したメールが発生しており、オークションの利用継続手続きをかたり、ウェブサイトへ誘引する手口がほとんどだったという。また、「みずほ銀行」のブランドを悪用したフィッシングメールも確認されている。

一方、フィッシングサイトについては8件の報告を受けており、メールと同様に「Yahoo! JAPAN」をかたったものが多く、パスワードやクレジットカードを盗もうとするもので、ドメインはすべて「heteml.jp」だったという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報やハンドル名の取り扱いで謝罪 - 岩本町芸能社
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
政府、セキュリティ啓発でTVアニメ「BEATLESS」とタイアップ
JSSEC、スマホやIoTのセキュリティをテーマとしたシンポジウムを開催
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle
Oracle、定例アップデートで脆弱性237件を解消 - 「Spectre」の緩和策も
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
「Intel AMT」のパスワードは大半が「admin」、端末乗っ取りのおそれ - 研究者が指摘