Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo! JAPANかたるフィッシングメールが半年ぶりに発生 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、11月に国内で観測されたフィッシングの届け出状況をとりまとめ、公表した。

同協会が11月に報告を受けたフィッシング情報は15件で、8月より増加傾向が続いている。フィッシングメールは、10月より増加して14件が報告された。

半年ぶりに「Yahoo! JAPAN」を偽装したメールが発生しており、オークションの利用継続手続きをかたり、ウェブサイトへ誘引する手口がほとんどだったという。また、「みずほ銀行」のブランドを悪用したフィッシングメールも確認されている。

一方、フィッシングサイトについては8件の報告を受けており、メールと同様に「Yahoo! JAPAN」をかたったものが多く、パスワードやクレジットカードを盗もうとするもので、ドメインはすべて「heteml.jp」だったという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意