Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo! JAPANかたるフィッシングメールが半年ぶりに発生 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、11月に国内で観測されたフィッシングの届け出状況をとりまとめ、公表した。

同協会が11月に報告を受けたフィッシング情報は15件で、8月より増加傾向が続いている。フィッシングメールは、10月より増加して14件が報告された。

半年ぶりに「Yahoo! JAPAN」を偽装したメールが発生しており、オークションの利用継続手続きをかたり、ウェブサイトへ誘引する手口がほとんどだったという。また、「みずほ銀行」のブランドを悪用したフィッシングメールも確認されている。

一方、フィッシングサイトについては8件の報告を受けており、メールと同様に「Yahoo! JAPAN」をかたったものが多く、パスワードやクレジットカードを盗もうとするもので、ドメインはすべて「heteml.jp」だったという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
地方公共団体におけるセキュリティポリシーガイドラインを改定 - パブコメ実施
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出