Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

近畿産業信用組合、14店舗で顧客の個人情報を紛失

近畿産業信用組合は、14の店舗において64件の顧客情報を紛失していたことを明らかにした。

所在が不明となっているのは、顧客情報の名寄せ管理に関する一覧資料で、2007年9月21日時点における顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、顧客番号など個人情報が記載されていた。本店営業部を含む14の店舗において64件の紛失が判明。もっとも件数が多かったのは、生野支店の30件。

紛失が判明したのは9月22日で、警察に届け出て捜索を行っているが、12月26日の時点ではまだ見つかっていないという。同組合では関連する顧客を個別に訪問して謝罪しているが、転居などで連絡のつかない顧客もいるため、心当たりのある場合は連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性