Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット懸賞の応募者情報がWinny流出 - 静岡の美術品専門店

静岡県焼津市で美術品専門店を展開するアート静美洞は、顧客の個人情報がインターネット上に流出したと発表した。

同社従業員宅のパソコン内に保存されていたデータが、ウイルス感染をきっかけにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じて、インターネット上に流出したもので、12月20日に判明した。

流出したのは、同社が2004年12月から2005年4月にかけてウェブサイト上で実施した懸賞応募者の氏名や住所、メールアドレスなど個人情報185件。また269件のメールアドレスについても流出したという。

同社では、関連する顧客へ個別に連絡し、事情を説明しているが、不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2007/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookに不正な情報取得や不正アクセス問題で行政指導
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに