Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月の月例パッチに不具合、MSが修正パッチを提供へ

マイクロソフトは、12月12日に提供を開始したセキュリティ更新プログラムに不具合があったとして、問題を修正する更新プログラムの配布を開始した。

同社では、12日に深刻度を「緊急」として、IEの累積的な問題を解決するセキュリティ更新プログラムの公開を開始しているが、Windows XP SP2でInternet Explorer 6を使用する環境へ同プログラムを適用した場合、異常終了する不具合が発生することから、修正プログラムを用意し、提供を開始した。

l更新プログラムは、Windows Updateや同社ウェブサイトより入手することができる。

Update for Internet Explorer for Windows XP Service Pack 2 (KB946627)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=cc096493-367d-4d28-80ab-2a70139ae839

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ