Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報の取り扱いが鈍感になった」ネットユーザーの約3割

個人情報を入力する機会が増えていると感じるユーザーが増加する一方で、慣れから個人情報の取り扱いが鈍感になったと感じるユーザーが約3割に達していることがわかった。

セキュリティベンダーのシマンテックが、今年10月に「オンライン詐欺」について、インターネット歴3年以上の男女1000人を対象に調査を実施し、判明したもの。

結果を見ると、ネットショッピングの利用率は94.6%で、クレジットカード決済を利用利用者が71.3%、オンラインバンキングによる振り込みが54.5%といずれも増加。インターネット上で個人情報の入力を要求される機会について、約2割のユーザーが「増えている」と感じており、「やや増えている」との回答を合わせると68.2%に及んだ。

入力する機会が増加した背景もあり、入力に慣れたと回答するユーザーも半数弱に達しており、個人情報の扱いに鈍感となったとの回答が29.3%に達した。一方で「敏感になっている」と回答するユーザーは16.5%で、鈍感になったユーザーを大きく下回っている。

一方で詐欺サイトに遭遇するユーザーが急増。調査によれば、約4割のユーザーが詐欺サイトや詐欺目的のサイトに接触しており、昨年から11.1ポイントの増加を記録している。

しかしながら詐欺行為などに対する防御策について理解していると回答したユーザーは33.9%にとどまり、前回調査より 7ポイントのダウン。攻撃方法の進化に付いていけず、約4分の1が個人情報などを聞き出されているかもしれないといった不安を抱えていることがわかった。

(Security NEXT - 2007/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円