Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASPやSaaS向けの情報セキュリティガイドラインで意見募集 - 総務省

総務省は、ASPやSaaSの情報セキュリティに関する対策ガイドラインを取りまとめ、パブリックコメントを開始した。意見の募集締め切りは2008年1月18日。

ASPやSaaSでは、企業の機密情報や顧客情報などを大量に取り扱う一方で、統一したセキュリティ基準などがないことから、同省では、これらサービス全般で必要とされる情報セキュリティ対策について検討する研究会を6月より開催。今回検討結果を、報告書案およびガイドライン案として取りまとめた。

同ガイドラインでは、組織や運用面、技術や物理的対策など、実施すべき情報セキュリティ対策の全般を対象としており、ASPやSaaS事業者の利用を想定したほか、サービスの利用者が選定する際にも役立つよう構成されている。

(Security NEXT - 2007/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性