Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPhoneのウイルス被害は当面ない」 - G DATAが予測

機能性や操作性、デザインなどで人気を博しているアップルの「iPhone」。一部セキュリティベンダーがiPhoneを標的とした攻撃が発生することについて警告を発しているが、セキュリティベンダーのG DATA Softwareは、「iPhoneにおけるウイルス被害は当面ない」との見解を示した。

同社では、ネット接続における「ドライブバイ」感染の危険があるものの、MMSに対応しておらず、添付ファイルによる感染の危険がないことから、切迫した状況ではないと予測。

同社取締役のDirk Hochstrate氏は、iPhoneの市場比率は1%程度で、マルウェア製造者にとって利益を生み出すプラットフォームではないとして、根拠なくiPhoneの危険性を訴えるベンダーについて「人気商品にあやかったもので、単にニッチ市場を占有したいだけではないか」と批判した。

また、同社研究所のRalf Benzmuller氏も、マルウェア作者の技術力を誇示するようなテストウイルスの登場といった可能性があるものの、「iPhoneユーザーには安心してもらいたい」と呼びかけている。

同氏は、スマートフォン市場を狙ったウイルス数は、2005年に145件をピークに2006年に73件と減少。2007年末の予測も26件と大幅に半減しているとし。マルウェア作者にとって経済的メリットがないことを数字が表していると指摘した。

(G DATA,iPhone,ウイルス,ニッチ,けん制,危険,人気,見通し - 2007/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ