Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

送信ミスで懇談会傍聴希望者のメールアドレスが流出 - 総務省

総務省は、同省が開催する懇談会の傍聴希望者にメールを配信した際、誤ってメールアドレスが漏洩したと発表した。

12月15日に同省情報通信政策局放送政策課が「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」の傍聴希望者の一部にメールを配信した際に誤送信が発生したもの。

操作ミスにより、送信したメールで2回にわたりそれぞれ60人、42人のメールアドレスがほかの受信者にも確認できる状態となった。同省では、関係者に対して謝罪し、電子メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加