Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎へのゼロデイ攻撃は多数製品に影響 - ジャストシステムがセキュリティパッチを公開

ジャストシステムは、一太郎をはじめ、同社製品の脆弱性を解消するアップデートの提供を開始した。脆弱性は、一太郎シリーズを含む多数製品へ影響を及ぼすため、注意が必要だ。

問題の脆弱性は、同社製品が利用するライブラリファイルに存在していたもので、悪意を持って不正に改ざんされたファイルを開いた場合、任意のコードが実行され、外部よりコンピュータが操作されるおそれがあるもの。先週13日に一太郎を狙ったゼロデイ攻撃が発生しているとしてセキュリティベンダーなどが注意を促していた。

今回見つかった脆弱性は、一太郎特有の問題ではなく、同社製品が共用するライブラリファイルに含まれていることから、「一太郎」や「花子」「三四郎」やそれら関連製品をはじめ、ラベルやハガキの印刷ソフト、辞書ソフトなど、同社が販売する30製品以上に影響があるという。

「一太郎 for Linux」「花子ビューア」を除き、ウェブサイト上でセキュリティ更新モジュールの配布が開始されており、適用することにより今回発見された脆弱性を修正することができる。「一太郎 for Linux」「花子ビューア」については現在提供の準備を進めている。

同社では、更新を行った場合は攻撃の影響を受けないとしながらも、メールに添付されたりウェブ上で配布されている不審なファイル文書ファイルなどを開かないよう注意を呼びかけている。

ジャストシステム製品の脆弱性を悪用した不正なプログラムの実行危険性について
http://www.justsystems.com/jp/info/pd7005.html

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/jp/

(Security NEXT - 2007/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員の人事記録漏洩、犯人不詳のまま告発 - 弘前市
「Emotet」用いた標的型攻撃が増加 - 米政府が警鐘
Citrixがアップデート公開をさらに前倒し - のこるは1製品のみ
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
PHPのアップデートが公開 - 複数脆弱性に対処
千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性