Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解決した「QuickTime 7.3.1」の配布が開始

アップルのマルチメディアソフト「QuickTime」に脆弱性が見つかった問題で、同社はアップデート「QuickTime 7.3.1」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、11月末に発覚したRTSPの処理に存在する脆弱性へ対処した。問題の脆弱性は、不正に改変されたデータを処理した場合、バッファオーバーフローが発生し、任意のコードが実行されたり、サービス不能に陥る可能性があることから、セキュリティベンダーが深刻度を「高」と位置づけ、注意を呼びかけていた。

また、今回提供されるでは、不正に改変されたQTLファイルを開いた際に発生するバッファオーバーフローの問題や、Flashメディアハンドラの処理に存在する複数の脆弱性についても解決されている。

いずれの脆弱性も、Windows、Macともに影響を受ける。アップルではそれぞれのプラットフォームにアップデートを用意しており、「Apple Software Update」やウェブサイトを通じて提供している。

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2007/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業