Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の脆弱性を解決した「QuickTime 7.3.1」の配布が開始

アップルのマルチメディアソフト「QuickTime」に脆弱性が見つかった問題で、同社はアップデート「QuickTime 7.3.1」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、11月末に発覚したRTSPの処理に存在する脆弱性へ対処した。問題の脆弱性は、不正に改変されたデータを処理した場合、バッファオーバーフローが発生し、任意のコードが実行されたり、サービス不能に陥る可能性があることから、セキュリティベンダーが深刻度を「高」と位置づけ、注意を呼びかけていた。

また、今回提供されるでは、不正に改変されたQTLファイルを開いた際に発生するバッファオーバーフローの問題や、Flashメディアハンドラの処理に存在する複数の脆弱性についても解決されている。

いずれの脆弱性も、Windows、Macともに影響を受ける。アップルではそれぞれのプラットフォームにアップデートを用意しており、「Apple Software Update」やウェブサイトを通じて提供している。

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2007/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を