Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学センター試験が一部問題を差し替え - 持ち出した資料の盗難で

大学入試センターは、盗難によりセンター試験の資料を紛失したとして、問題を差し替えると発表した。

2008年1月に実施を予定している2008年度の入試センター試験の問題作成者が、資料を保存していた私用パソコンを何者かに盗まれたもの。盗まれた資料は、試験問題を検討するため1年以上前に作成されたもので、実際の試験内容とは異なるという。

被害に遭ったパソコンは、パスワードが設定されており、流出の報告は受けていないが、同センターでは、流出した場合に試験問題を推測できる可能性があることから、差し替えを実施する。今回の差し替えにあたり、センター試験の日程などへ影響はないと説明している。

同センターでは、試験に関連する資料について持ち出しを禁止していた。今回の事故の責任を取るとして、理事長が給与の一部を返納するという。

(Security NEXT - 2007/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市