Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9府省庁のメールサーバ、セキュリティ対策で政府統一基準を満たさず

9府省庁が運用するメールサーバが、政府が統一基準として定めたセキュリティ要件の一部を満たしていないことがわかった。

内閣官房情報セキュリティセンターの情報セキュリティ政策会議第15回会合で明らかにされたもの。全19府省庁に設置されているメールサーバ約1900台について、2007年9月末時点での対応状況をまとめた結果判明した。

今回の調査では、不正プログラム対策、サーバ管理、不正アクセス対策、情報保護対策の4項目について、実施状況によりAランクからDランクまでの4段階で評価した。

政府機関の統一基準で求められている対策がすべて実施され、「Aランク」とされたのは、経産省や厚労省、警察庁、防衛庁、金融庁をはじめとする10省庁。内閣府や総務省、外務省ほかあわせて9府省庁は、大半の対策が行われているものの、一部不十分とされる「Bランク」だった。政府では、遅くとも2008年度中に実施率を100%とする計画だ。

(Security NEXT - 2007/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも